shadow

盗難グッズとオーナーの心がけ

自動車盗難を防ぐには、保管場所の善し悪しに加えて、オーナーの心がけも必要です。自動車盗難が増えてきてからはパーツメーカーからいろいろな盗難グッズなどが発売されており、それとあわせて高性能セキュリティシステムを販売されるようになりました。
しかし、いくら高性能でもセキュリティシステムはあくまでも人間が作った機械でしかありませんから、それを解除することも意外と簡単です。従って、盗難を防ぐためにはセキュリティシステムだけに頼ってはいけないのです。
そこで、必要となるのがセキュリティシステムとは全く別次元の盗難グッズというもので、これを重ねて装備しておけば時間稼ぎにもなりますし、盗難される確率が減るというものです。
盗難グッズには、ホイールロックナットやステアリングホイールやペダル類を固定するような物理的に盗まれないようにするもの他に、ある意味「子供だまし」の様なものまで売られています。その代表といえるのがダッシュボードの上で光るLEDライトで、点滅するものやナイトライダーのように左右に光が流れるものなどがあります。
一見、ただ光っているだけ、ダミーのセキュリティシステムの様な気もしますがこれが意外と効果が高いのです。なぜなら、このLEDライトが付いているという事はその車のオーナーが自動車盗難に関してそれなりの考えがあるという事であって、これ以外にも何かしらの対策がされているという事を泥棒は考える訳です。泥棒は現場に長時間いることを嫌います。
何かしらの処置がされている車を盗むには時間がかかることが想定されるので、泥棒も嫌いうというわけです。昔はセキュリティシステムを隠して防犯していたものですが、今はその逆でセキュリティシステムが付いていることを公表してそれを防犯につなげるのが主流のようです。