shadow

交渉トラブルとなった場合は

事故を起こしたら、すぐに警察と保険会社に連絡を入れるというのが常識となっていますが、保険会社になぜ連絡を入れなければならないのでしょうか。
これは簡単、保険会社の力で示談に持ち込むためです。
交通事故というのは、車同士がぶつかるだけでなく、お互いの主張がぶつかり合う状態でもあって、時にはそれが暴力事件や殺人事件に及ぶこともあります。場合によっては訴訟という事になるのですが、それを避けるために保険会社に連絡をし、仲介に立ってもらって示談に持ち込むのです。要するに保険会社は社会的な責任を金銭で解決するために示談に持ち込むために要員という事になるのです。
しかし、時には優れた保険マンが来たとしも相手が納得してくれないこともあり、最終的な手段である裁判で争うことになる場合もあります。裁判というとそれが家庭裁判所でも地方裁判所でもそれなりのお金がかかり、更に弁護士費用なども掛かるために裁判でかちえた賠償金額のほとんどがそれらの費用のに消えてしまうこともあります。
こういったことに備えるのであれば、ぜひとも自動車保険の弁護士費用特約を付けたいものです。この特約は裁判まで長引いてしまったときの弁護士費用や相談料、保険会社がやってくれない場合の示談請求などの費用を補償するものです。特約の価格としてもそれほど高いものではありませんので、もしもの時の更なるもしもに備えた加入することをおすすめします。