shadow

ディーゼルエンジンは冬場に注意

価格の安い軽油を燃料とするディーゼルエンジンモデルは、低燃費という事よりも低燃料費に大いに役立つ車です。でも軽油を使っているという点で気を付けなければならないことがあります。
それが冬場の凍結です。水は理論的には0度で凍結してしまいますが、ガソリンエンジンに使われるガソリンは、-50度ぐらいまで凍ることはありません。
でも軽油は東京など比較的温暖な地域で売っているものは、夏用で-5度、冬用で-15度ぐらいで凍結してしまいます。軽油が凍結してしまうという事はいくら強力な燃料ポンプをもってしても燃料を噴射させることができないという事で事実上エンジンの始動は不可能です。
スキー場に行って、帰りにディーゼルエンジン車のエンジンを掛けようとしたら、全くかからないなんて言うトラブルの原因はこの経由の凍結によるものがほとんどといわれています。これを防ぐには、スキー場や寒いであろう目的地周辺で軽油を入れるという事が必要になります。
軽油は土地の環境に対応できるものを販売しており、温かい地域では凝固点が高いもの、寒い地域では凝固点が低いものを扱っています。従って、行きは到着地までのギリギリの燃料としておき、到着地近辺で軽油を満タンにするという流れを踏むことが必要で、そうすればスキー場でエンジン始動不能なんてことは起きないはずです。

車買取相場