shadow

受け取った保険金の税金は?

消費税が増税され、税金のことに少し敏感になるこの頃ですが、事故を起こして示談をし、相手や自分が加入している自動車保険会社から受けた保険金には、所得税や贈与税などの税金はかからないのでしょうか。
国は個人でも何かと税金をとるものですが、損害を受けてその賠償としてもらったお金に税金は基本的にはかかりません。
要は所得とは見られないという事なのです。
ただ、例外として加入者が死亡してしまった場合は保険金に税金がかかるというよりも相続税としてかかることがあります。

自動車保険とは加入者に対して保険金が支払われることになっており、その加入者が死亡していたとしても一時的にその加入者に支払われ、加入者の資産としてみられることになります。
その資産を親族に受け渡すという形をとるので、相続をしたとみられます。
加入者がなくなって悲しんでいるところに更に相続税をとるなんてなんて国というのは酷な事をするのでしょう。
それにせっかく蓄えた資産を家族に受け渡すだけで税金をとるなんて、道理としては違うような気もします。
そうやってしっかりと税金をとっておきながら日本の財政が赤字というのはゆるせないことでもあります。

軽自動車 任意保険