shadow

患者の自宅で治療を行う訪問看護

看護師の大事な仕事の一つに、訪問看護というものがあります。
普段目にしている病院での勤務と違って、在宅治療をしている患者さんの所へ直接訪問します。
患者さんとたくさんコミュニケーションができて、接している時間も長いので、患者さんの様子をよく知ることができます。
仕事内容は、検温や心電図の計測から生活のアドバイスまでと幅広いです。
備え付けの医療機器の管理点検も行うので、看護師の知識量は豊富でなければなりません。
治療内容自体は、医師からあらかじめ指示が出るのでそれに従います。
訪問看護は、病院ではなく患者さんの自宅が仕事場なので、緊急事態が起こることが多いです。
そんな緊急事態の時でも医師は同伴していないので、看護師自身が素早く正確な判断をして対応しなければなりません。
どうしよう、なんてオロオロしているうちに患者さんの症状は急変してしまう可能性もあります。
なので、訪問介護を任されるのは、色々なことにしっかり対応できる経験豊富なベテランであることが多いです。
大変なお仕事ですが、看護師としての経験を活かすのにはとても向いていると思います。

看護師 転職 支援金