shadow

トヨタのディーラーは柔軟性に富む

日本の自動車市場というものは開発や生産を行っている自動車メーカーが直接消費者に車を売るのではなく、ディーラーと呼ばれる社外企業の販売店で売ることが多くなっています。トヨタが現在抱えるディーラー網、販売チャネルというものには、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つのものがありますが、過去にはいろいろな販売チャネルを持っていました。
初期のころにはディーゼル店や昔懐かしいパブリカ店、トヨタオート店などがあり、景気が良かったころにはトヨタビスタ店などもあり、一時期は5店舗を抱えるほどまでになりました。同じディーラーでも店舗名をころころ変えることが多かったので、もっとたくさんのディーラーがあったように感じますが、実際には4店舗から5店舗というのが標準的なディーラーの数となります。