preferential-lite
shadow

プリウスのクロスオーバーSUVをつくる?

2015年、今年はモーターショーの年で各社いろいろ新しいモデルを登場させたり、コンセプトカーなどを出展させたりと誠意的な動きを見せていますが、新型プリウス一色のトヨタにおいて、それいがのもので注目を集めているのがC-HRコンセプトです。
このモデルは別名プリウスSUVなどと呼ばれているもので要するにプリウスベースのクロスオーバーSUVということです。
完全ハイブリッドモデルの派生的なクロスオーバーSUVといえばアクアベースのアクアX-URBANが既に発売されていますが、このC-HRコンセプトは現行型ではなくもうそろそろ発売されることになる新型プリウスベースのクロスオーバーSUVとして作られるようです。
プラットフォームは次期プリウスと全く同じで走行性能も燃費性能も似たようなものらしいですが、アクアとアクアX-URBANの関係のように後からエクステリアパーツを付け足して作ったものではなく、全く別のボディを持った形で作られているのがポイントが高いでしょう。
ただ、次期プリウスはリヤサスペンションがダブルウィッシュボーンの変更されているのですが、その点はクロスオーバーSUVとしては逆効果になってしまったのは致し方ないでしょう。

スポーツモデルとスポーティーモデルの違い

大パワーエンジンと優れたコーナーリング性能を持つスポーツモデル、まさに自動車の本来の魅力を持つ車ですが、ここ最近若年層が車に興味を持たなくなってきたせいかスポーツモデルの販売台数がかなり少なくなってきました。
低燃費ブームのおかげで若者が気軽に買うことが出来るスポーツモデルを作ることをやめたことによって若者の車離れが進んだという意見もありますが、どちらにしても自動車メーカーがスポーツモデルを作ることに消極的になっていることには間違いありません。
そこで自動車メーカーが生み出したのがスポーティーモデルというものです。

カーボンパーツと軽量化の関係

最近のチューニングパーツにおいて大きな進歩を遂げたといえばカーボンパーツでしょう。
カーボンというのは炭素繊維で作られた樹脂のことで、ABSやFRPと比べて強度が高く同じものを作っても厚みを薄くすることができるので、非常に軽く作ることができるのです。
車の性能を上げるのはパワーアップすることも大事ですが、車自体を軽くする軽量化も大事な作業です。
その軽量化を手助けしてくれるのがカーボンパーツなのです。

トヨタのディーラーは柔軟性に富む

日本の自動車市場というものは開発や生産を行っている自動車メーカーが直接消費者に車を売るのではなく、ディーラーと呼ばれる社外企業の販売店で売ることが多くなっています。トヨタが現在抱えるディーラー網、販売チャネルというものには、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店の4つのものがありますが、過去にはいろいろな販売チャネルを持っていました。
初期のころにはディーゼル店や昔懐かしいパブリカ店、トヨタオート店などがあり、景気が良かったころにはトヨタビスタ店などもあり、一時期は5店舗を抱えるほどまでになりました。同じディーラーでも店舗名をころころ変えることが多かったので、もっとたくさんのディーラーがあったように感じますが、実際には4店舗から5店舗というのが標準的なディーラーの数となります。

受け取った保険金の税金は?

消費税が増税され、税金のことに少し敏感になるこの頃ですが、事故を起こして示談をし、相手や自分が加入している自動車保険会社から受けた保険金には、所得税や贈与税などの税金はかからないのでしょうか。
国は個人でも何かと税金をとるものですが、損害を受けてその賠償としてもらったお金に税金は基本的にはかかりません。
要は所得とは見られないという事なのです。
ただ、例外として加入者が死亡してしまった場合は保険金に税金がかかるというよりも相続税としてかかることがあります。

盗難グッズとオーナーの心がけ

自動車盗難を防ぐには、保管場所の善し悪しに加えて、オーナーの心がけも必要です。自動車盗難が増えてきてからはパーツメーカーからいろいろな盗難グッズなどが発売されており、それとあわせて高性能セキュリティシステムを販売されるようになりました。
しかし、いくら高性能でもセキュリティシステムはあくまでも人間が作った機械でしかありませんから、それを解除することも意外と簡単です。従って、盗難を防ぐためにはセキュリティシステムだけに頼ってはいけないのです。
そこで、必要となるのがセキュリティシステムとは全く別次元の盗難グッズというもので、これを重ねて装備しておけば時間稼ぎにもなりますし、盗難される確率が減るというものです。

工具が揃うホームセンター

インターネットショッピングが最近は主流となってきており、自動車パーツや工具など自動車整備などに使うものも家に居ながらにして手に入れることができるようになりました。
しかし、やはり通信販売であるために手元に届くまでの若干タイムラグがあり、急ぎでほしいときなどはどうしても直接足を運ばなければなりません。そういう時にホームセンターをよく利用するのですが、なぜかホームセンターに行くと必要としているものだけではなく、余計なものも買ってしまうものです。ボルトを1本買いに行ったはずなのに、なぜか帰りには電動工具を手にしていたり、カッターを買いに行ったのに、アルミ板を持っていたりと結構無駄遣いしてしまうのです。ホームセンターには衝動買いを促す神様でもいるのかと思うぐらい、目的のものだけ買って帰るということができない場所でもあります。

夜勤の業務内容

一般の方にとって看護師の仕事は、日中は患者さんが起きていますし忙しいのは分かっているものの、夜勤に関しては患者さんが就寝後は非常に暇だと思っている方がいるようです。
救急業務を行わない小規模の病院であれば、夜は特段忙しくないところもあるのでしょうが、実際ほとんどの病院では夜中でもナースコールが頻繁に鳴りますし、救急車で患者が搬送されてくる場合も多いのです。また自分の手が空いているときは、同僚の看護師の担当業務を手伝うこともあり、職場全体で効率化を徹底しているところも多いのです。
小児病棟の場合は、性質上特に夜間は楽に見えますが、自分の状態の悪さを子ども自身が把握できず、ナースコールを行わない例もあり、看護師にとって夜間だからこそ緊張感をもたなければならないケースもあると言えます。

ディーゼルエンジンは冬場に注意

価格の安い軽油を燃料とするディーゼルエンジンモデルは、低燃費という事よりも低燃料費に大いに役立つ車です。でも軽油を使っているという点で気を付けなければならないことがあります。
それが冬場の凍結です。水は理論的には0度で凍結してしまいますが、ガソリンエンジンに使われるガソリンは、-50度ぐらいまで凍ることはありません。
でも軽油は東京など比較的温暖な地域で売っているものは、夏用で-5度、冬用で-15度ぐらいで凍結してしまいます。軽油が凍結してしまうという事はいくら強力な燃料ポンプをもってしても燃料を噴射させることができないという事で事実上エンジンの始動は不可能です。
スキー場に行って、帰りにディーゼルエンジン車のエンジンを掛けようとしたら、全くかからないなんて言うトラブルの原因はこの経由の凍結によるものがほとんどといわれています。これを防ぐには、スキー場や寒いであろう目的地周辺で軽油を入れるという事が必要になります。